3歳になり弟のあも出来たけど、まだまだワチャワチャです♪
FC2カウンター


フリーエリア

s-img004.jpg 里親募集です。

Calendar


07 ≪ 2006/0809
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

©Plug-in by ASIA SEASON

最新記事


最新コメント


お友達♪


‘のあ’の同胎犬


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

▲pagetop

フリーエリア


プロフィール

takenoa

Author:takenoa
にゃんず&わんの世話係。
趣味で愛犬・愛猫の
カラー&リードを
ハンドメイドする様になり、
WEB SHOPを運営しています♪



★たけちよの同居にゃんブログ
ねことねこ+わん日記
★たけちよ旧ブログ
ワチャたけ奮闘記


いくつになったの


家の子記念日

script*KT*

カテゴリ


FC2ブログジャンキー


RSSリンクの表示


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








暑がり


子犬は体温が高いのか。。。
それとも、たけちよが人(犬)一倍暑がりなのか。。。

今日も暑くて寝れないと、あっちへ移動、こっちへ移動するので、
ペットボトルを凍らせ、ヒエヒエ枕を与える。
やっぱ、暑い日はこれに限るワン♪
060831_1.jpg

060831_2.jpg



スポンサーサイト



2006⁄08⁄31 10:15 カテゴリー:0~1才 comment(0)
▲pagetop








甘噛み


甘噛みが酷いたけちよ。
子犬なので、適度なカミカミは必要だけど、
しかし甘噛みが癖になるのはイタダケない。。。

で、人の手は噛んじゃ駄目!
噛んで良いのは、ひづめだけ!!
って事で、必死にカジカジしております(笑)
まだまだ、歯が立ちません~噛んでも噛んでも減りません。。。
060829_1.jpg

060829_2.jpg

060829_3.jpg







2006⁄08⁄29 10:12 カテゴリー:0~1才 comment(0)
▲pagetop








今日もバトル


子猫と子犬、怖いもの知らずで仲良く今日もバトル開始!
やや、体のデカイたけちよ優勢。
それでもめげずに、たけちよと遊ぶ茶々男くん♪
060821_1.jpg


沢山じゃれて遊んだ後は、気持ちよくお休み中。。。
060821_2.jpg






2006⁄08⁄21 10:10 カテゴリー:0~1才 comment(0)
▲pagetop








遊びましょ♪


我が家は猫が沢山いる。
我が家のニャンず8匹以外に、保護猫の預かりにゃん+α数匹。。。

そんな中で生活しているたけちよは、猫もお友達♪
今日も預かりニャンの子猫、茶々男と仲良くバトル?(笑)
060817_1.jpg






2006⁄08⁄17 10:07 カテゴリー:0~1才 comment(0)
▲pagetop








寝る・寝る・寝る


初日から夜鳴きもする事無く、トイレの失敗も無く、1日寝る・寝る・寝る。
起きてケージから出ると、ワチャワチャ遊び、疲れたらまた寝る・寝る・寝る(笑)
子犬って良く寝るね~
060815_1.jpg






2006⁄08⁄15 10:06 カテゴリー:0~1才 comment(0)
▲pagetop








はじめまして


我が家に新入りがやってきた。
6月14日生まれの男の子「たけちよ」です。
060813_1.jpg


先代犬、ぼすが亡くなって2ヶ月。
2代目を迎えるのは早すぎるのでは無いかと悩んだ日々。
そんな時に出会っただけちよ。
ぼすの命日の翌日に生まれた子。。。
何か縁を感じて、我が家の2代目ワンとなった。






2006⁄08⁄13 10:02 カテゴリー:0~1才 comment(0)
▲pagetop








さよなら、ぼす。。。


急性白血病と診断されてから、抗がん剤の投与をするものの
思ったような経過にならず、日に日に貧血が進む。。。

貧血の数値15%をきった時、輸血を決断。
1回目の輸血は病院の犬から提供してもらう。
輸血後は貧血が改善されたのか、何時もより調子は良いが、
数日で貧血は進む。。。
ぼすの血は、自ら作ることが出来なくなっているのだ…

輸血から数日しか経っていないが、2度目の輸血をする。
この時は、犬仲間のワンちゃんが提供してくれた。
これを乗り切れば、二度目の抗がん剤投与が出来る。
しかし、ぼすの体力はそこまで持たなかった…

急性白血病と診断されてから、わずか1週間あまり。
貧血が進み、食べられなくなり動けなくなったのは、亡くなったその日の朝。。。

前の日まで大好きなパンを口にし、まだ食べたいと自ら催促するほど元気だったのに。。。
動けなくなる直前まで、自力でトイレに立ったぼす。。。
昼過ぎから動けなくなり、旦那の帰りを待って、6月13日夜8時半過ぎ
呼び止める間も無い位、私達に苦しむ姿を見せない様に
あっけなく旅立ってしまった・・・

保護され我が家にやって来てから、約3年。。。
沢山の愛情と優しさを残して行ってくれた、ぼす。
家に来てくれて有難う。何時までも忘れないよ。。。

d0080601_11534049.jpg






2006⁄08⁄12 00:00 カテゴリー:先代ワン「ぼす」 comment(0)
▲pagetop








貧血


そんな中、病院で血液検査をした結果、貧血になっていることが判った。。。
以前も貧血になったことがあったのだが、はっきりとした原因が判らなかった。
その時は薬で改善され、定期的な血液検査でも貧血の数値は良くなっていた。

今回も薬で様子をみていた。
数日ごとに貧血の数値を検査。徐々にではあるが数値は良くなってきていた。
しかし、やはり貧血の原因が判らない。。。

暫くして血液検査をして貰った時に、白血球の数値はかなり低くなっていた。
何かの感染症か?と疑い、この時は白血病の可能性は低いと診断された。
しかし、これと言ってはっきりとした原因がつかめない。

それから暫くして、再度血液検査。
この時、良くなっていた貧血が進んでいる・・・
先生が顕微鏡で見ていると、何となく嫌な感じがあるとの事。
血液を採り、外部検査に回すことになった。

外部検査には時間がかかる・・・
その間も貧血の進み具合は殆ど改善されない。
もう一度、院内で検査を詳しくして貰う事になったのだが、
その時の検査では、白血球が大幅に増えていた事などその他の検査で、
リンパ性急性白血病と診断された・・・






2006⁄08⁄11 14:56 カテゴリー:先代ワン「ぼす」 comment(0)
▲pagetop








無理をさせた


再発の心配は有ったものの、元気にしてくれていたぼすなので、
色々な所にお出かけした。
楽しそうに走り回るぼす、見ているこちらも安心するくらい元気だった。

そんな3月の末、旅行に行くために準備をしていたが、
何となくぼすの元気が無い様な気がした。
だけど、出発当日の朝のご飯もしっかり食べ、散歩にも行ったので
大丈夫だと思い旅行へ出発した。

しかし、宿へ着く頃には少し元気が無くしんどそう。
宿に着いて、近くの病院へ電話をして症状を伝えるが、
ご飯は食べてくれたのし、貧血が有るようでは無いので、様子を見ることになった。

そのまま帰ろうかとも思ったが、車で長時間の移動より。
宿で落ちついてから帰る方が良いだろうと、翌日まで安静にする。

翌日、朝の散歩には尻尾を振りながら歩いているが、少ししんどそう。。。
チェックアウトをし、直ぐに家へ帰り病院へ。

脾臓が若干腫れている感じだが、そんなに悪い物では無いとの事だったので、
注射をしてもらい、その日は家に帰り安静に。
この所、良く遊びに行っていたので、疲れが出たのかな?

薬を飲んで調子が良くなってきていたぼすだったが、GWを過ぎた辺りから
何となく呼吸が荒くなっているのが目立ってきた。
暑くなり出したからか?保護当時フィラリアに感染していたので、
その影響で心臓に負担が掛かっているのか?






2006⁄08⁄11 13:55 カテゴリー:先代ワン「ぼす」 comment(0)
▲pagetop








病と闘うぼす。。。


年の暮れ、今までに無かった血尿を出す。。。
たまたま、家のトイレシートでトイレをしたときだった。
今までも何度か膀胱炎をくり返し、その都度血尿が出たこともあったが、
ほんの少量の血が尿に混じっているだけだった。
だけど、今回トイレシートにあった血尿は、ワインを薄めたようなピンク色の尿。

今までとは明らかに違う・・・しかし、血尿を出したのはその1回だけだった。
これが散歩の時にしていたら、草むらだったので気がつかなかったかも知れない。

翌日、直ぐに病院へ行ったのだが今までの事もあり、膀胱炎だろうと。
しかし、エコーを撮ると若干気になる影がある。
暫く様子を見ましょうと、数週間薬で様子を見る。
エコーに写る影は、大きくはならないが無くなる気配も無い。
年の為に、検査の為に手術をする事になった。

この手術で、麻酔を掛けることが、ぼすが我が家に来て4回目となる。。。
一度目は我が家へきて直ぐに、脾臓肥大の為に手術。
二度目は眼瞼内反症と去勢の為の手術。
三度目は顔面麻痺になったときのCT検査の為の麻酔。。。
今回で約二年の間に、四回も麻酔を掛ける事になってしまった・・・
手術も心配だけど、主治医の腕が良いのは良く判っていたので、
麻酔だけが心配だった。

手術が無事終わり、家に帰ってきたぼすを見て安心した。
膀胱の手術なので、傷口は痛々しいが本犬は元気だ(笑)
しがし、数日後にでた検査結果では、膀胱癌と診断された。。。

今まで何度となく病気をくり返し、その都度もしかしたら
良くない病気かも知れないと獣医に言われた事も有ったけど、
何度もその不安をぬぐい取ってくれたぼす。
今度も、良性だよと言って貰えると思ってた。
だけど、今回は違っていた・・・

幸いだったのは、早期発見だったので手術が出来たこと。
再発の心配は有るけど、定期的に検査をしていく事になった。
そんな病院通いが続いた数ヶ月後、急にぼすの調子が悪くなった。。。





2006⁄08⁄11 13:35 カテゴリー:先代ワン「ぼす」 comment(0)
▲pagetop








病と闘うぼす。。。


年の暮れ、今までに無かった血尿を出す。。。
たまたま、家のトイレシートでトイレをしたときだった。
今までも何度か膀胱炎をくり返し、その都度血尿が出たこともあったが、
ほんの少量の血が尿に混じっているだけだった。
だけど、今回トイレシートにあった血尿は、ワインを薄めたようなピンク色の尿。

今までとは明らかに違う・・・しかし、血尿を出したのはその1回だけだった。
これが散歩の時にしていたら、草むらだったので気がつかなかったかも知れない。

翌日、直ぐに病院へ行ったのだが今までの事もあり、膀胱炎だろうと。
しかし、エコーを撮ると若干気になる影がある。
暫く様子を見ましょうと、数週間薬で様子を見る。
エコーに写る影は、大きくはならないが無くなる気配も無い。
年の為に、検査の為に手術をする事になった。

この手術で、麻酔を掛けることが、ぼすが我が家に来て4回目となる。。。
一度目は我が家へきて直ぐに、脾臓肥大の為に手術。
二度目は眼瞼内反症と去勢の為の手術。
三度目は顔面麻痺になったときのCT検査の為の麻酔。。。
今回で約二年の間に、四回も麻酔を掛ける事になってしまった・・・
手術も心配だけど、主治医の腕が良いのは良く判っていたので、
麻酔だけが心配だった。

手術が無事終わり、家に帰ってきたぼすを見て安心した。
膀胱の手術なので、傷口は痛々しいが本犬は元気だ(笑)
しがし、数日後にでた検査結果では、膀胱癌と診断された。。。

今まで何度となく病気をくり返し、その都度もしかしたら
良くない病気かも知れないと獣医に言われた事も有ったけど、
何度もその不安をぬぐい取ってくれたぼす。
今度も、良性だよと言って貰えると思ってた。
だけど、今回は違っていた・・・

幸いだったのは、早期発見だったので手術が出来たこと。
再発の心配は有るけど、定期的に検査をしていく事になった。
そんな病院通いが続いた数ヶ月後、急にぼすの調子が悪くなった。。。






2006⁄08⁄11 09:58 カテゴリー:先代ワン「ぼす」 comment(0)
▲pagetop








里親候補?


ぼすの貧血の治療が始まり、病院へ通う間も里親募集は続いていた。
ぼすの体の事も承知の上で、里親さんになってくれる人を探す。
そんな中、全てを承知の上で里親になっても良いと言ってくれる人が現れた。

ぼすに会いに来てくれて、色々と話をする。
ドックトレーナーの資格を持っている人で、ぼすの行動や
今の状態で悩んで居る事なども相談。

引き取る場合、ぼすの体調が良くなった頃を見計らってとの事になったのだが、
既にその時には私達夫婦は、ぼすに情が移りこのまま家で見れないのかと考える。
そんな時に、里親候補の人がもう一度ぼすに会いたいと言ってきてくれたのだが、
私達の気持を伝えると、会いに行こうと思ったのは、ぼすをこのまま家に居させる
事は出来ないのかとお願いしに行こうと思っての事と言われた。
一度目に会いにきた時に、ぼすと私の関係を見てそう思ったらしい。

そう言ってもらえた事、私達もそのつもりだった事もあり、
年明けにはぼすは我が家の一員になっていた。

犬と暮らす事がはじめての我が家。
大型犬に触れる事すらなかった我が家。
きっと、ぼすだったから初めてでも何とかなったのかも知れない。

とは言え、多少の引っ張り癖や要求吠えなどもあり、最初は戸惑う事ばかり・・・
体調も一つ良くなったと思ったら、次から次へと違う症状が出てるくる・・・

体の不調もあり、若干甘やかしている所もあったと思うが、
最初の一年は無我夢中でぼすと生活をした。


ぼすとの生活もなれて来た頃、犬友達も出来、ぼすと一緒に遊びに行く様になった。
犬との付き合いが苦手だったぼすだが、みんなのお陰で仲良くなることが出来、
楽しい日々を過ごせるようになった。
体調は良くなりだした二年目には、トレーナーの先生についてお勉強もした。
この訓練のお陰で、アイコンタクトを取れる様になり、母ちゃんとの信頼関係は
徐々に強くなってきた。

アイコンタクトが取れる様になり、一緒に行動することは楽しくなってくれたぼす。
体調が良い事もあり、だんだん表情が犬らしく楽しそうに駆け回ったりするようになった。
この頃から。ドックランや色々なところへお出かけするようにもなる。
きっと、この数ヶ月がぼすとの思い出作りに与えられた時間だったのだろう・・・

二年目の年越し前に体調を崩し、膀胱ガンにかかっている事が判明した…





2006⁄08⁄06 09:57 カテゴリー:先代ワン「ぼす」 comment(0)
▲pagetop








ぼすとの生活パート1


ぼすとの生活が始まったのだが、何せ犬との生活が初めて。
共働きだった我が家は、家にぼすを自由にしておく訳にはいかず、
可愛そうだったが昼間は外に繋いでお留守番。。。
夜は玄関スペースを、ゲートで区切りそこがぼすの場所になった。
が、部屋へ進出するのはそう遠い日ではなかった(笑)

数日後には、玄関横の部屋がぼすの部屋になり、昼間は相変わらず外だけど、
夜は玄関スペースとぼす部屋でフリーの生活。
甘えん坊で、ぼす部屋へ行きソファーへ座ると、引っ付いて甘えて来る。
性格も可愛く、愛想のよい子なのに捨てられたの?それとも迷子なの?

ぼすの里親募集を始めだしたのだが、迷子かもしれないと、
こじの保護主さんは警察や保健所を問い合わせて、飼い主が探して居ないか
広範囲で問い合わせてくれていた。
だけど、ぼすを探している人は居なかった・・・

里親募集をするために、健康診断へ病院へ連れて行くと、フィラリアに感染。。。
放浪中に感染したのでは無く、もっと以前からの感染のため心臓にも親虫がいた・・・
保護当時から涙目だった目は、逆まつげだろうと言われていたが、
瞼が内側へ入り込んだ、眼瞼反転症と言う病名・・・

色々と体に問題のあったぼすだったが、約一ヶ月後ワクチンを打つために病院へ。
その時に脾臓が腫れていて、リンパ腫の疑いがあると言われた。。。
翌日には開腹手術をして病理検査へ。結果は良性だったが、
貧血だった事もあり、投薬治療が始まった。





2006⁄08⁄01 09:56 カテゴリー:先代ワン「ぼす」 comment(0)
▲pagetop








ぼすが我が家へやってきた


2003年9月23日 ぼすは我が家へやってきた。
当時、里子に迎えたこじろう(猫)の保護主さんのサイトの掲示板へ、
緊急預かり募集と書き込みが。。。
猫のサイトなのに犬?仲良くして貰っていた猫仲間の一人からのSOS。

山中を放浪していたゴールデンのオスの預かり。
預かり先が見つからないと保健所へ連れて行くと、知人に相談された様だった。
それも明日連れて行くって。。。相談を受けた知人は、急遽預かりを探していた。

だけど、猫サイトに遊びに来ている人はやっぱり猫飼い。。。
犬の預かり、それも大型犬。預かり先は直ぐに見つかる筈も無く・・・
取り敢えず、知人の職場へ連れてくる事になったのだが、その場所は私と同県。

元々、犬は嫌いでは無かったが苦手だった。
なのに、何故あの時なんの迷いも無く一時預かりを名乗り出たのだろうか・・・
きっとそれが、ぼすと私達との運命だったんだと今では思う・・・
旦那は出張中で、犬の預かりOKをメールで確認。
と言っても既に預かりを決めていた、(笑)

我が家へ来る前日の晩に、兵庫からこじの保護主さんがぼすを連れてやってきた。
夜遅かったので、その日は依頼を受けた知人の所へ一泊。
猫友数人で集まり、ぼすと出会う。
初対面のぼすは、ガリガリだけど愛想の良い子だった。

翌日、ぼすを預かるために迎えに行く。
我が家へ来たぼすは、はじめから猫に優しかった。
我が家で預かる一番の心配は、猫との相性。当時猫は「あけみ」「こはる」「こじろう」の3匹。
(現在は家猫8匹・預かり2匹の大所帯)
突然現れた大きな体の尻尾をバタバタ振る生き物。
猫たちはおっかなビックリ。(笑)だけど、ぼすは嬉しそう。猫との相性はクリアした(笑)

その日の晩に、出張中の旦那が帰って来る日だったので、
ぼすを連れて駅までお迎え。
ホームから出てきた旦那を、車の中で尻尾をふってお出迎え。
本当に人大好きなよい子だったね~
さてさてこの日から、犬を飼った事の無い夫婦がの大型犬との生活が始まった。


ぼすが我が家へ来てからの様子は、HPの過去日記に綴ってます。






2006⁄08⁄01 09:53 カテゴリー:先代ワン「ぼす」 comment(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2006 僕、たけちよ♪+弟、のあ♪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。